サイトTOP スーファミのページ ネタ投稿のページ RAMONESのページ ご意見ご要望は掲示板へ

スーファミグランプリ

■レビューリスト■
[アルファベット順]
[A-Z]
F-ZERO
Jリーグサッカー プライムゴール
RPGツクール
RPGツクール2
SDガンダム外伝
 ナイトガンダム物語

SD ザ・グレイトバトル

[あ行]
悪魔城ドラキュラ
アクトレイザー
アラジン
弟切草

[か行]
学校であった怖い話
かまいたちの夜
餓狼伝説 スペシャル
キング・オブ・ドラゴンズ
くにおくんの
 ドッジボールだよ全員集合!

クロノ・トリガー
魂斗羅スピリッツ
コンバットライブス

[さ行]
サンドラの大冒険
シムシティー
シムシティー2000
ジョジョの奇妙な冒険
初代熱血硬派くにおくん
新・熱血硬派
 くにおたちの挽歌

スーパーファイアープロレスリング3
スーパーマリオカート
スーパーマリオ ヨッシーアイランド
スーパーマリオワールド
スーパーメトロイド
ストリートファイター2
ストリートファイター2 ターボ
聖剣伝説2
ゼルダの伝説
 神々のトライフォース


[た行]
タクティクスオウガ
超魔界村
テコンドー
伝説のオウガバトル
ドラゴンクエストT・U
ドラゴンクエストV
 そして伝説へ…

ドラゴンクエストX
 天空の花嫁

ドラゴンクエストY
 幻の大地

ドラゴンボールZ 超武闘伝
ドラゴンボールZ 超武闘伝2
トレジャーハンターG

[は行]
UP
花の慶次
 雲のかなたに
パロディウスだ!
半熟英雄
ファイナルファイト
ファイナルファイト2
ファイナルファンタジーW
ファイナルファンタジーX
ファイナルファンタジーY
不思議のダンジョン
 トルネコの大冒険

不思議のダンジョン2
 風来のシレン

ブレスオブファイア2
フロントミッション
北斗の拳6

[ま行]
マザー2
マッスルボマー
メタルマックス リターンズ
魍魎大戦 MADARA2

[ら行]
ラッシングビート 乱
らんま1/2 町内激闘編
らんま1/2 爆烈乱闘編
リターン・オブ・ダブルドラゴン
ろくでなしブルース
ロックンロールレーシング
ロマンシングサガ2
ロマンシングサガ3
タイトル画面

スーパーファイヤープロレスリング3

発売日1994/2/4
発売元ヒューマン
ジャンルスポーツ?
お勧め度★★★☆☆
思い入れ★★★★★
スタイリッシュさ☆☆☆☆☆


〜 ありがとうファイプロ さようならファイプロ〜

プロレスゲーム。
何と云ふ説明し難いジャンルであらうか。
そもそも、プロレス自体が説明し難ひのだ。

プロレスに興味の無ひ余人はかように云ふ。
    「如何にも八百長にてあらん」
    「最初から勝ち負けが決まっているのかしらん」
そのやうな哀れな方々に、私は常に二通りの回答案を用意してゐる。
    「奴らは超人なるぞ。もしも力道山が生きていたなら、ヒョードルなぞチョップ一撃でナツクアウトだよ。下手をしたら命まで奪ってしまふ。」
    「君はドラマや映画を見て、いちいちヤラセとか云ふのかい?命を燃やして観客をば沸かせるレスラー達こそ、至高のエンタアテイナアさ。」

そういうことである。
要するに、プロレスの定義について、プロレスファンとその議論をするなど、無意味でナンセンスなのだ。
例えるならば、「妖怪」の存在について、妖怪オタクと議論するようなものである。
やれ「妖怪は本当にいる」だの、「前時代的な迷信」だの、「民俗学的なアプローチでどうのこうの…」だの、不毛な会話になってしまう。

つまり、この手のマニアックな議論は、そのジャンルのファン同士が集まってネチネチと盛り上がれば、それで良いのだ。

ゲーム画面

そんな訳で、プロレスというジャンルの説明は放棄させて頂こう。
しかし、「プロレスゲーム」というジャンルについては言及しておきたい。
本作を含むプロレスゲームは、対戦ゲームなのか、それとも協力ゲームなのか。

プロレスと言う競技の性質上、2人プレイを前提に作られていることは間違いない。
だが、プロレスファン同士がこのゲームで対戦すると、その目的は純粋に勝つことではなくなってしまう
現実ではありえない魅力的なマッチメイク、めくるめく劇的な試合展開、実際の名シーンを髣髴とさせる演出。
そんなプレイは、対戦と言えるだろうか。
もはや協力プレイと呼んでも差し支えがないだろう。

だが、あまりプロレスを知らずに、ゲームを楽しもうとする小学生などが本作をプレイすると、どうなるだろう。
もう、殺し合いである。
大技も小技も無い。
人気レスラーも、カリスマレスラーも、関節技も、スープレックスも関係ない。
彼らは、もっとも効率よく相手に打ち勝とうと、熱い真剣勝負を繰り広げるのである。

そう、この二面性こそが、プロレスゲームの魅力なのだ。
そして、この二面性こそが、プロレスの面白さなのだ。
プロレスゲームをある程度プレイすると、より面白いキャラ、カッコイイ技を使用したくなる。
相手をロープに振り豪快なライアットを決めたり、コーナーポストからダイブしたり、場外乱闘を繰り広げたり。
ただ相手に勝つだけでなく、そうしたドラマチックな戦いを繰り広げたくなるのだ。

真剣勝負を、より魅力的に、派手に、ドラマチックに。
これはもう、プロレスそのものではないか!
そう、プロレスゲームこそ、そしてそのメジャーシリーズである「ファイヤープロレスリング」こそ、プロレスの教科書とも言うべき、崇高なゲームソフトなのである。

ゲーム画面

さて、今更ではあるが、本題とも言うべき、本作「スーパーファイヤープロレスリング3」の紹介をしておこう。

ファミコン時代から続く、(一部に)人気のシリーズである。
本作の魅力は、何と言っても、レスラーエディットに尽きるだろう。
見た目、名前、技など、カッコイイと思うものから、荒唐無稽なものまで、自由にプロレスラーを作成できる。
全身真っ青の肌をした、裸足でスキンヘッドの寝技の達人、なども思いのままである。

このゲームをプレイした世代の方々におかれては、現在父親になられている方も多くいらっしゃることだろう。
私は提案したい。
お子様の情操教育に、本作を与えてみてはいかがだろうか。

自由なエディット機能は、子供達の創造性をより豊かにする。
試合において、ただ一方的に攻撃するだけでは、ただ強いだけでは、つまらない。
好きな技を詰め込むだけでは、相手に勝つことができない。
お互いにコミュニケーションを充分に取らなくては、試合は成り立たない。
戦いの中でお互いの魅力を引き出しあい、試合を組み立てていく。
子供達は、プロレスと言う芸術を、リングと言うキャンバスの上に描いていくのだ。

私は想像する。
いつの日か、プロレスは再び子供達に愛され、プロレスラーはヒーローとなる。
そして小学校の体育の時間には「プロレスリング」の授業が人気を博す。
オリンピックでは「プロレスリング」の競技が加わる。
世界中のプロレスラーが自国の誇りと己の技を掛けて競い合うのだ。
そこに人々が求めるのは、単なる勝ち負けでも、野蛮な殺し合いでもない。
己の肉体のみを駆使して競い合う、そして観客を魅了する、真の芸術である。

そしてその優勝者が決定したとき、彼に与えられるのは金メダルではない
金のベルトを巻いた彼を、人々は賞賛と尊敬の意を込めてこう呼ぶであろう。
「世界王者」と…。

2006/9/8 大阪梅田にて



■皆様のお気に入りの理由・おもひで・その他一言■
スーファミグランプリの投稿フォームから、ドシドシご投稿下さい!
  • ※未投稿です。誰か投稿して〜